2010年05月17日

“ポテンシャルは極めて高いが成功は非常に難しい” -お国柄が影響する中国ECの特殊な事情

翔泳社運営のMarkezineにて以下の通り、取材・執筆・寄稿した記事の【後編】が本日公開されました。

“ポテンシャルは極めて高いが成功は非常に難しい” -お国柄が影響する中国ECの特殊な事情 [池永 尚史 / MarkeZine編集部 [編]]

■概要:
 前編では、中国EC市場の全体像を考察した。驚異的な成長を見せる中国市場に興味関心のある日本企業が知りたい点は「中国進出すれば儲かるのか」という点だ。一方、中国ビジネスを成功させるためには、そのお国柄を考慮しなければならないとよく聞くが、EC市場においてはどうか。中国ECビジネスの実態に迫った。【総力特集!10年後も勝ち抜く EC・ネット通販最新戦略


以下、「read more」から一部詳細をご覧頂くことができます。

read more
posted by H.I at 22:29| Comment(0) | 執筆報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨対約180%成長、ついに目覚めた“眠れる獅子” -中国EC市場の現状

翔泳社運営のMarkezineにて以下の通り、取材・執筆・寄稿した記事の【前編】が本日公開されました。

昨対約180%成長、ついに目覚めた“眠れる獅子”-中国EC市場の現状 [池永 尚史 / MarkeZine編集部 [編]]

■概要:
 年々増加傾向の中国EC市場。2008年には1兆9,494億円だった市場は、2009年には3兆4,620億円とほぼ倍増し、その勢いはとどまるところを知らない。2012年には約12兆円まで伸長するのではないか…と予測され、巷では“眠れる獅子”がついに目覚めたと噂されている。では、急伸する中国経済の中で、EC市場の成長要因はどこにあるのだろうか? いち早く中国でEC事業を展開しているSBIベリトランスに聞いた。【総力特集!10年後も勝ち抜く EC・ネット通販最新戦略


以下、「read more」から一部詳細をご覧頂くことができます。

read more
posted by H.I at 22:18| Comment(0) | 執筆報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

コム・デ・ギャルソンも動かした、EC業界の突破者 -スタートトゥデイの未来予想図(後編)

翔泳社運営のMarkezineにて以下の通り、取材・執筆・寄稿した記事の【後編】が本日公開されました。

コム・デ・ギャルソンも動かした、EC業界の突破者 -スタートトゥデイの未来予想図 [池永 尚史 / MarkeZine編集部 [編]]

■概要:
 前編では、ZOZOTOWNの成り立ち、サイトコンセプトなどについてを語ってもらった。後編では、集客施策、単価向上策、物流ノウハウといった、個別施策について、そしてスタートトゥデイが描く今後の戦略について迫った。【総力特集!10年後も勝ち抜く EC・ネット通販最新戦略


以下、「read more」から一部詳細をご覧頂くことができます。
read more
posted by H.I at 22:16| Comment(0) | 執筆報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“試着できないからネットで洋服は売れない”を一蹴 -不況知らずのファッション通販サイト「ZOZOTOWN」ができるまで

翔泳社運営のMarkezineにて以下の通り、取材・執筆・寄稿した記事が本日公開されました。

“試着できないからネットで洋服は売れない”を一蹴 -不況知らずのファッション通販サイト「ZOZOTOWN」ができるまで [池永 尚史 / MarkeZine編集部 [編]]

■概要:
 右肩上がりのEC市場の中で際立って好調なのがファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイだ。4月27日に発表された決算資料によると、売上高は前年同期比60.4%増、営業利益も前年同期比47%増という、好業績を叩きだしている。この大躍進の秘訣はどこにあるのか? 同社の前原氏にZOZOTOWNの成長要因について聞いた。【総力特集!10年後も勝ち抜く EC・ネット通販最新戦略

以下、「read more」から一部詳細をご覧頂くことができます。
read more
posted by H.I at 21:58| Comment(0) | 執筆報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

飽和状態のアフィリエイトサイト 一歩抜け出し儲かるサイトを作るには?

翔泳社運営のMarkezineにて以下の記事を寄稿致しました。

飽和状態のアフィリエイトサイト/一歩抜け出し儲かるサイトを作るには?

■概要:
 前回は、キーワード調査ツール「キーワードウォッチャー」の機能詳細を解説した。今回はアフィリエイターの方を対象にキーワードウォッチャーを活用し、キーワードから考えるサイトの設計方法について伝授していく。小手先のテクニックではなく、検索キーワードからの流入を考えたサイトを設計することで、飽和状態の現状から一歩抜け出すヒントになれば幸いである。

【Markezine記事詳細はコチラからどうぞ↓】
http://markezine.jp/article/detail/9351


ラベル:MarkeZine
posted by H.I at 20:56| Comment(0) | 執筆報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。