2010年02月02日

Facebook-危険度レベル高!(IT security firm Sophos's report)

sophos-security-threat-report.jpg


ITセキュリティファーム「Sophos」のレポート(引用:【ZDNet】Report: Bad guys go social; Facebook tops security risk list)によると、去年からSNSがらみのスパム&マルウェアの感染が増加傾向にあるとのこと。

危険度が一番高いのはfacebookで全体の61%を占めている。

サービス順に並べてみると

・facebook:61%
・MySpace:18%
・Twitter:17%
・Linkdin:4%

だそうで…facebookめっちゃ高いw

SNSのリスク度合いを2008年から比較すると2009年は70%増し。。

増し増しでラーメン次郎状態www



posted by H.I at 14:27| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

facebookの新決済システム滑り出し好調!2010年には2億5,000万ドルに…

tbiresearchのレポートによると、Facebookが提供をはじめた新決済システムが好調とのこと。2010年は2億5,000万ドルの収入になると予測。

Facebook's New Payment System Off To Great Start, Could Boost Revenue By $250 Million In 2010
We spoke with several companies in the virtual goods and social gaming industries about the recently-introduced Facebook payments platform. Here's what we found.

●Initial testing indicates consumers are choosing Facebook's new payment system over alternative payment options.
●Facebook is charging a 30% fee to publishers, while competing services charge in the single-digits in most cases (but Facebook offers other benefits).
●Revenue impact this year could be upwards of $125 million to $250 million or more, assuming positive testing results continue following a formal launch.
●Long-term goal is to go after PayPal as a general online payment system.

引用:TBI Research

長期目標としては、一般的になった(海外では)Paypalを目指す模様。

アバターの購入やゲームの有料課金の殆どがクレジットカード決済で行われていたが、今後はFacebookのプラットフォーム決済システムを利用するようにユーザーに促していくとのこと。

面白そうなのは

Until recently, Facebook has relied on third-party providers to offer these solutions to users and publishers.

…このプラットフォームを出版社や一般ユーザーにも開放していく・・・という点。

果たしてPaypalに追いつけるか?!




引用英文全文はコチラ
ラベル:Facebook Payment
posted by H.I at 08:48| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GoogleがソフトウェアのDLサービスを計画中?

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、Googleがソフトウェアのオンラインビジネスサイトのローンチを計画しているとのこと。

■Google Plans Store for Online Business Software
Google Inc. is preparing to launch a new store for online business software, according to people briefed by the company, enlisting software developers in its battle against Microsoft Corp.

引用:WSJ

Apple Storeには負けてられないといったところでしょうか。

海外におけるソフトウェアのDLサービスは「【CNET】download.com」が有名ですが、彼らにしてみたらかなりの脅威になる予感。

ちなみに、日本はVectorが有名ですが、いかんせんシステムがショボイw
プロレジで何回か購入したことがあるのですが、gmailでは登録できなかったり、シリアルキーが届くまで2日かかったりと…不便きわまりない。

Googleには、是非ともシェアウェアについてはシリアルキーを在庫登録して自動発行できるようにして、決済方法も各種用意してもらいたい次第。


posted by H.I at 08:16| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のSNS覇権争いや如何に?

ブログサービスと同じくしてSNSが日本で流行りだしたのは約4年前。現在では、SNSにおいてはGree(グリー)とmixiが日本における二強としてその存在感を堅持している。

mixiは先行者であったこともあり、爆発的なユーザー獲得数を見せたが去年の年初においてはPCからのPVががた落ちし、モバイルユーザーからの利用が主流になっていた。

しかしながら、mixiアプリのプラットフォームを提供することで、ゲームをPCから利用するユーザーが増え、PCからのPV数も若干持ち直している。

GREEについては言うまでもなく、「釣りゲー」が人気を博しメディア広告をガツガツ展開することで低年齢層からの支持を得ることができた。

売上形態については、mixiは広告がその殆どをしめ、一方のGREEではゲームからの有料課金が大きなパーセンテージを占めている。

SNSというくくりは同じであっても、上記2つのSNSのビジネスモデル(マネタイズ)は大きく異なっている点が特徴だ。

さて、ぱらぱらとニュースを見ていたところ、Techcrunchアジャイルメディア・ネットワーク徳力基彦氏が以下のような記事を寄稿していた。

■日本でFacebookの地位を獲得するのは、やっぱりmixiか、それともGREEか。

ただ、現時点においては、mixiとGREEは本質的には全く違うサービスと考えた方が良い。その利用者数こそどちらも1500万を超え、ある意味日本のネットのインフラ的サービスという印象のある数になってきているが、基本的なサービスの使い方を聞く限り、実際の利用者の意識は大きく異なるようだ。

誤解を恐れずに言い切ると、mixiがいわゆる人と人の関係性を表すソーシャルグラフを押さえ、利用者同士のコミュニケーションのインフラとして機能しているサービス。一方、GREEは、グリゲーに代表されるようにソーシャル性をもったアプリやゲームを楽しむためのサービスだ。いわゆるソーシャルグラフを元にしたコミュニケーションサービスとしての競争に、GREEは一度mixiに敗れた経緯がある。

引用:Techcrunch


まさにその通りだと思う。先ほども記述したがその点はマネタイズ(ビジネスモデル)の観点からもよくわかる。

さて、そんな日本におけるSNS二強に対しての海外勢は…というと、MyspaceFacebookともにふるわないのが現状だ。

2008/08/26に私がMarkezineに寄稿した記事によると、

海外発SNSの日本でのローンチがmixiよりも遅れたことも原因の1つであるが、最も言えることは「コミュニティ性質の違い」なのではないかと個人的には分析している。

SNS_001.gif


 例えば、海外SNSを例にとってみると、その性質は個人を中心にあらゆるものをオープンソーシャル化することで発展を遂げてきた。図にしてみると上記のような感じである。言うなれば、外へ外へと向けて繋がりを作り続けるオープン型コミュニティである。Twitterが爆発的に人気を博したのも、1toNという無限大の広がりをみせる「N」というオープン性があったからに他ならない。


とある。「とある」というのはもう忘れていたからw

ただ、やはり自分が寄稿した内容には多少のブレはあっても、軸足はズレていないと思う。

海外サービスが日本向けにローカライズする際には、その特異性・文化等々をきちんとマーケティング&リサーチしないとならない。逆もそのしかりだ。

というわけで、自分が何かサービスをやるときには留意しておきたいと思う。


[参考] 日本で伸び悩む海外発SNSの苦悩-FacebookとMySpaceが日本に浸透しない理由


posted by H.I at 07:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

YouTube Music Discovery Project and Playlist Creation Tool

■YouTube Music Discovery Project and Playlist Creation Tool
http://www.youtube.com/disco?gl=JP

これはイイ!
アーティストのキーワードを入力・検索すると一覧が一気に表示される。Superflyでサーチしてみたら、ライヴ映像が山盛り。コレいいのかしら?

ますますDVD売れなくなりそうな悪寒…


チューブとニコニコ、録り放題2 ケータイもiPodもPSPも!



ラベル:YouTube ようつべ
posted by H.I at 21:46| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。