2011年06月30日

Google+1の統計がみれるように

GoogleウェブマスターツールでGoogle+1の統計がみれる

昨日の夜から今朝にかけてGoogleウェブマスターツールでGoogle+1の解析ができるようになっていました。

google_plus1_01.gif


Googleウェブマスターツールは左サイドにメニュー一覧があるのですが、そこに上記キャプチャのとおりのメニューが。

■+1統計情報
・検索の影響
・アクティビティ
・対象


テスト段階に押下された+1ボタンユーザー数も捕捉できている模様。facebookには統計用のインサイトサービスがありますが、それと比較するとまだまだな感は否めませんが今後に期待。


統計情報としてみれるものは?

ウェブマスターツールのヘルプに+1の項目も追加されていたので、参考に。

+1 統計情報: 対象
[対象] ページには、ページに +1を付けたユーザーについて、ユニーク ユーザーの総数、所在地、年齢、性別などの情報が表示されます。

情報はすべて匿名化されます。ページに +1 を付けたユーザーの個人情報が公開されることはありません。プライバシーを保護するため、コンテンツに +1 を付けたユーザーの数が一定数に達するまで、年齢、性別、所在地のデータは表示されません。

出典:『Google/ウェブマスター ツール ヘルプ

これまで、ターゲティング情報はGoogle Analyticsでなんとなくとれていましたが、+1押下ユーザーに限ってはかなり細かくターゲティング情報が捕捉できそうです。



【Google+1系記事のご紹介】
日本ではFacebookよりGoogle+が絶対流行る5つの理由:Apr.Foolism
ラベル:google +1
posted by H.I at 11:23| Comment(0) | ツール紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントをポストする際は諸々ご勘案の上で投稿して頂きますようお願い致します。基本的に承認制としておりますが、誹謗中傷にあたる内容等の場合には当方顧問弁護士「佐藤嘉寅法律事務所」が一切を担当致しますので予めご了承ください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。