2010年06月02日

ヤフーと淘宝が新サービス開始

時事ドットコムによると、ヤフーと淘宝(タオバオ)が日中間で相互取引サービスを開始したとのこと。

Yahoo!チャイナモール

日本国内から中国タオバオの商品を発注できるのが特徴のようだ。基本的なスキーム(仕組み)は

ヤフーは「ヤフーチャイナモール」と名付けた新サイトで中国の衣類や家具、書籍など約5000万点の商品を扱う。日本の消費者が安心して購入できるよう出品できる販売業者を限定。中国の倉庫で検品した上で日本に出荷する。
 淘宝も「淘日本」という通販サイトで、家電製品など約1000万点の日本の商品を中国の消費者向けに販売する。

引用:時事ドットコム /『日中で相互にネット通販=ヤフーと淘宝が新サービス開始

とあり、ヤフーチャイナモールでタオバオに出品されている製品が販売され、日本人が中国製の商品を気軽に買えるようだ(その逆もしかり)。

SBIベリトランスでは、中国向けのECサイトを作れるECショッピングモール『バイジェイドットコム(佰宜杰.com)』を2009年1月からはじめており、「淘日本」はこれに追随する形になりそうだ。

とはいえ、タオバオ(淘宝)は中国ECモールのナンバーワンであり、そこをついたYahoo!は一気に巻き返すものと思える。

個人的にはiped(GoogleのスマホOS「Android」を使った、タブレット端末:ipadの模倣品だがなかなかの出来と評判)を買ってみたいが、模倣品なので販売されることはなさそう(審査に通らないw)。

中国市場及びEC市場動向については、以下記事を先日Markezineにアップしていますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

昨対約180%成長、ついに目覚めた“眠れる獅子”-中国EC市場の現状
http://ikenaga.info/article/150221066.html
“ポテンシャルは極めて高いが成功は非常に難しい”-お国柄が影響する中国ECの特殊な事情
http://ikenaga.info/article/150223014.html


posted by H.I at 00:46| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントをポストする際は諸々ご勘案の上で投稿して頂きますようお願い致します。基本的に承認制としておりますが、誹謗中傷にあたる内容等の場合には当方顧問弁護士「佐藤嘉寅法律事務所」が一切を担当致しますので予めご了承ください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。