2010年05月18日

Adobeの挑戦!電子署名サービスのeSignatureを無料ベータ公開

Techcrunchによると、「Adobeが電子署名サービスのeSignatureを無料でベータ公開」したとのこと。

Adobeが金曜日にeSignaturesをパブリックベータとして公開した。eSignaturesというのは、オンラインドキュメントに簡単に電子署名を追加するクラウドサービスだ。ドキュメントをアップロードして、受信者のメールアドレスを記入し、日付と説明を記した後、当該ファイルに電子署名を付加する。電子署名を記載した文書は、署名後に改変されていないことが保証される。もし改変が行われた場合には証明書が表示されなくなる。手順は非常に簡単で(操作を初めてから完了するまで2分とかからなかった)、しかも無料で提供される。

AdobeによればeSignatureはAcrobat.comと同様の仕組みを採用しているので、この機能は近々Acrobat.comのサービスに統合される予定だとのこと。(Acrobat.comと統合することで収益化の道が開けるとも考えている)。

引用:Techcrunch/『電子署名界に革命勃発:Adobeが電子署名サービスのeSignatureを無料でベータ公開

日本だとあまり・・・というか、殆ど使われてないと思われる電子署名ですが、海外だと74億ドルの費用がかかっているとか。

ドキュメント系はScribddocusign等々が出てきて、PDFどうなの?的な話題が出る前にAdobeとしては(やっと重い腰を上げて)刈り取り…といったところでしょうか。

AppleにFlash非対応にされての抗議等々、追い詰められつつあるAdobeですが巻き返しなるか?!
posted by H.I at 02:41| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントをポストする際は諸々ご勘案の上で投稿して頂きますようお願い致します。基本的に承認制としておりますが、誹謗中傷にあたる内容等の場合には当方顧問弁護士「佐藤嘉寅法律事務所」が一切を担当致しますので予めご了承ください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。