2010年04月22日

話題の書籍スキャン事業『BOOKSCAN』…どうなる?!

以前にエントリーした記事『【@100円】手持ちの書籍をPDF化してくれるビジネスが誕生』の「BOOKSCAN」が本格始動し、話題になっているようです。

bookscan_2010_0422.jpg
BOOK SCANトップページ


価格が、1冊あたり100円なので現在、BOOKSCANに依頼する書籍を整理中です。

さて、そんな中『デジタルマガジン』さんで以下のようなエントリーがなされていました。

本のスキャン代行サービス『BOOKSCAN』に漫画家が激怒。でもちょっと勘違いしている?

1冊たったの100円であなたの本を代わりにスキャンしますよというサービス、『BOOKSCAN』。著作権的な問題を抱えているものの、優れたサービスだと私は感じている。けれど、これに激怒している漫画家がいた。
 その漫画家とは『よしえサン』、『気分は形而上』を代表作に持つ須賀原洋行氏。須賀原氏は『BOOKSCAN』に対して「ブックスキャン?何考えてんだ!」と自身のブログで怒りを表明している。

引用:デジタルマガジン / 『本のスキャン代行サービス『BOOKSCAN』に漫画家が激怒。でもちょっと勘違いしている?

BookScanサービスは基本的に購入した書籍をBookScan社に送り、バラバラに解体してデータ化後、書籍は廃棄されるので、書籍購入が減るとか印税がどうこうというのは殆ど影響はないかと。

こちらの記事(『出版不況継続なう』)で書いたとおり、出版業界は激烈に右肩下がり(左前)。そんなところで、もはや印税でどうこうというのは著者としても出版社側としてもどうにもならない状態で…。

まぁ、出版社側は書籍をとりあえず無理クリ部数を刷って、トーハン・日販に流通委託→預けた分の現金を一旦留保(出版社側にお金が入る)→返本の応じて返金…という流れだと思うのですが、もう自転車操業の出版社がチラホラあると聞いている次第。

はて、BOOKNは次世代の出版革新を担うのか?楽しみです。
posted by H.I at 04:17| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントをポストする際は諸々ご勘案の上で投稿して頂きますようお願い致します。基本的に承認制としておりますが、誹謗中傷にあたる内容等の場合には当方顧問弁護士「佐藤嘉寅法律事務所」が一切を担当致しますので予めご了承ください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。