2010年03月03日

【副業!】個人開発のAndroidアプリで月収116万円に

Androidアプリの「Car Locator」が人気となり、作成者は月額の副収入が約116万円になったとのこと。詳細は下記引用をご参照ください。

Car Locatorはクルマを駐車した場所で、その場所をAndroid端末に記憶させ、後でクルマを探すときに、どこに停めたかがすぐに分かるようにするアプリ。GPSや方位磁石を使ったナビゲーション、レーダービュー、マップビューができるほか、パーキングメーターの時間警告機能もあるようだ。経度緯度ではなく何階に停めたかが分からないとダメ、という都市部のユーザーにはちょっと分かりにくい話だが、アメリカでは自分のクルマを探してブロック単位でうろついた経験がある人が多いのかもしれない。


車持ちでよく駐車場に止める人にはかなり便利ですね。アメリカの場合だと、巨大なマーケットなんかで、どこに駐車したかが非常に記憶しにくそうなので需要が高そう。

日本だと、あまりないと思いますが、まぁ、しいて言えばディズニーシー&ランドあたりの駐車場はかなり広大で大変ですわな。

それにしても、アプリ開発による副業は技術者さんにとってかなり朗報ですね。私も勉強しようかなー。HTMLとCSSは昔やってたのでわかるのですが、会社に入ってからは事業企画、経営企画、プロデューサーが主だったので技術的なことはWEBディレクターさん任せだったんです罠。。

というわけで、今回はAndroidアプリの話でしたが、AppStoreの記事を以前に書いたことがあるので、ご紹介しておきます。

■タイトル:iPhoneで儲ける!モバイルビジネスの新しい収益モデルとは?
■概要:満を持してapple社が発売を開始したiPhone 3G。ipod touchから受け継がれた独自のUIで携帯電話業界に一石を投じたとされているが、今回は別の視点 ---モバイルビジネスの収益モデル--- から、iPhoneによって引き起こされた(または、引き起こされるであろう)影響を探ってみたいと思う。

詳細記事はコチラからどうぞ↓(Markezine)
iPhoneで儲ける!モバイルビジネスの新しい収益モデルとは?


posted by H.I at 13:41| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントをポストする際は諸々ご勘案の上で投稿して頂きますようお願い致します。基本的に承認制としておりますが、誹謗中傷にあたる内容等の場合には当方顧問弁護士「佐藤嘉寅法律事務所」が一切を担当致しますので予めご了承ください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。